段ボールのある生活はじめよう
段ボールのある生活はじめませんか

段ボールで引き出し仕切り

1月 21st, 2011by eiseisite

段ボールってどんな場所でも使えてとても便利です。

引き出しの仕切りとして思い浮かぶのは差込式のものではないでしょうか?
例えば瓶の間に入れられているものや、下着の整理などに使うものです。

あれは腕がないと難しいですし、
いつもそこに物が入っていないと安定してくれません。

何でも作ってしまいたい方なのでやってみたことがありますが、
駄目でした。
完成どころかカットして途中で組み立ててみると途中で
イライラしてくるのです。
勿論「安定しない」からです。
枠も作らないとね。とは思いましたが断念しました。

引き出しの仕切りとして使うのはそのようなものではなく、
板状の段ボールをそのまま使ってしまう簡単なものです。

使う場所はキッチンのゴミ袋などが入っているところで、
そこには輪ゴムやサイズ別の袋が入っており、
ゴチャゴチャになりがちだったりします。

その引き出しに寝かせた状態で仕分けをしながら入れてしまうのです。

引き出しサイズにすると使い勝手としてはよくありませんので、
書類整理をするようなタブを作ってしまうのです。
その間にサイズごとのゴミ袋や輪ゴム、その他の物を入れていきます。

物が増えすぎると引き出しに入りきらなくなったり使いづらくなるので、
量は調整してくださいね。

トイレにも段ボール

1月 6th, 2011by eiseisite

トイレでも活躍する段ボールは、細々とした物を入れることができます。

女性であれば、生理用品はできるだけ目に触れず、
隠すように収納したいものです。

男性であれば、もしかすると愛読している本がトイレの中にあるかもしれません。

以前、テレビで見たのですが、男性にとってトイレは心安らぐ場所で、
そこで本を読む為にひじ付きを作ってしまった方もいるようです。

そのようなものを仕舞う場合、お洒落なかごでも良いのですが、
トイレで使用済みになると他の場所で使うには少しだけ躊躇してしまいます。
人によってはかなり躊躇しますし、
昔の汲み取り式のトイレが分かっている方だと余計に使えなくなります。

ですので、ゴミとして出せる段ボールに収納してしまうのです。

勿論、下に置くと衛生面でよくありませんので、
水タンクの上や棚、窓部分に置きましょう。

水タンクの上に置く場合、ホームセンターで売られているすのこを縦半分にカットし、
足となる木材を使えば簡単に棚が作れてしまいます。
すのこに使われている木はとても柔らかいので、細めの釘で十分です。

棚のサイズに合った段ボールを準備し、見られたくないものを収納し、
棚の上部から好みの布をかけるといいでしょう。
ドアサイズよりも少し大きめの幅だと、すのこもピッタリと納まってくれます。
つっぱりタイプの棚でもよいですが、すのこなら使わなくなった時、
簡易靴箱として使えます。
被せた布と同じものでトイレ用の暖簾を作ればトータルコーディネイトができます。

棚の上部には空気を浄化するといわれているサンセべりアを配置してもいいですね。

収納は、余分に置かれた物を見える場所に置かないことで幸運に繋がるといわれています。

冷蔵庫の中に段ボール

11月 19th, 2010by eiseisite

冷蔵庫はたまにお掃除をします。

段ボールを取り入れるとお掃除が楽になるのを知ってたでしょうか?

冷蔵、あるいは冷凍に入れれば食品を長く保てると考えがちですが、保存状態を良くしても長持ちしないものはいくらでもあります。

賞味期限が設けられている場合は期限以内に食べることが望ましく、野菜なども汁が発生することもあります。特に細菌が発生しやすい梅雨時や夏には気をつけたいものです。

段ボールを冷蔵庫の中で使う場合、敷物や分類に使うと良いと思います。

全てを覆ってしまうより、浅めのボックスにして冷気をまんべんなく行き渡らせた方が食品の保存としては適しています。

野菜室など汚れやすい部分に用いれば、そのまま出して掃除をすることができますし。庫内にこびりつく汚れも防げますので、簡単に拭いて短時間で掃除が完了します。

掃除の際、食材を段ボールに入れておくと、冷たいままを保ってくれますので(完全ではありません)、傷みの度合いも低くなります。

冷蔵庫はコンセントに差し込むタイミングもありますので、なるべく切らずに短時間で掃除ができる工夫をしたほうが良さそうです。

詰め込みすぎもよくありませんので、分別してもガラガラの状態を保つようにしましょう。

便利なかごや仕切りよりも使いやすいですよ!

野菜収納をしています

10月 25th, 2010by eiseisite

段ボールは結構好きで、どちらかというと集めてしまうたちですが、
棚や台のサイズにぴったりであれば、そのまま活用しています。

棚に入れる場合、
見えてしまうとお洒落ではありませんので、カーテンをしています。

棚の上部にカーテン用のワイヤーを張り、
全て覆ってしまう長さにすれば物を取り出すのに便利です。

カフェポールでもいいのですが、
安く仕上げるにはワイヤーと布地を繋ぐピンチのようなものがベストです。

それなら合計で200円程度で手に入ります。

さて、私がキッチンで使っている段ボールは、
主に野菜入れとして活用しています。

新聞紙を入れれば土や汚れなどが出れば、新聞紙だけ捨ててしまえ、
洗うものが出ないからです。

ヘタってくれば処分すればいいだけですので、
使わないときに邪魔になるものが無くなります。

今使っているものはもう2年になりますが、
野菜を取り出す際にはそれごと出しているので、
そのたびにチェックしています。

表面に油とびはあるものの、
そのままの形状で使ってもまだまだ使えそうです。

汚れの面で、プラスチックのカゴよりも使い勝手がいいので、
キッチンでの活用はかなりお勧めです。

使うときには段ボールが丸見えですが、
その後はカーテンでシャットアウトです。

長年愛用した段ボール

9月 25th, 2010by eiseisite

数年愛用した段ボール箱があります。

とても便利で、しっかりとした作りになっていましたので、
趣味のハンドメイドの材料入れにしていました。

段ボールというと、四辺に繋がった蓋があり、
それを折って蓋にしますが、私が愛用したものは
菓子箱のように蓋が別になっていたのです。

「それならギフト用に沢山有りますよ?」と言われそうですが、
ギフト用の薄めの紙ではなく、高さもありました。

何の箱かというと、「メロン」が入っていたもので、
入り数が6個でしたのでそれなりに大きめだったのです。

パッチワークの布地も畳んで入れられ、
毛糸も立てて入れられる高さでしたので、
蓋を開けるとテンションが上がります。

手袋人形も作っていましたので、
カラフルな軍手や中に入れる綿や手芸糸、
他には戸塚刺繍もやっていたので専用の布地も入っていました。

同じものを合計で5個持っており、
大きさ的には小さめの衣装ケースで、楽に積み重ねることが出来、
しかも取っ手となる部分が「穴」でしたので中が見えて
まるで専用の収納ケースという感じ。

このタイプの段ボールなら、
収納商品として販売されていても買ってしまいそうです。

ただ、当時暮らしていた建物が古く、箱の中に虫が巣くってしまい、
処分してしまったのです。防虫剤を入れてれば良かったと後悔です。

ペットに段ボール

8月 25th, 2010by eiseisite

「ペットを段ボールで飼いましょう」ということではありません。

犬はあまり遊んでくれませんが、
猫を飼っているといろんなもので遊んでくれます。

袋の中に入ったり、とにかくどんなものにも入ってみたいようで、
見ていてかなり面白いですし飽きません。

動きを見ていると「その活力はどこから来てるんだ?」と
羨ましくもなります。

また猫の場合はトイレの砂を利用しますので、
深めのものでなければそれが床や周辺に散らばってしまいます。

専用のものを使うと良いと思いますが、
一時的なものなら、段ボールでも大いに活用することが出来ます。

小さめのものなら、そこに入ってお昼寝もしてくれるので、
子猫を飼っているお宅に伺うと、靴の箱などをよく見かけます。

紙袋なども自分で出してきちゃうようですよ。

なんだか小さいお子さんがいる家庭のようで、
猫じゃらしなども床に落ちていたりします。

段ボールをトイレとして使うなら、底に防水できるものを敷き、
消臭マットを取り入れましょう。

専用のものがペットショップで販売されています。

犬や猫でも赤ちゃんが産まれると箱などが必要になりますので、
妊娠の可能性があれば準備しておくのもいいですね。

その他小動物を飼う際いくつか集めていると重宝します。

捨てちゃいけない段ボールがある

7月 25th, 2010by eiseisite

タイトルを見て不思議ですか?

スマートに過ごしたいので、
商品を買う時に「箱は要りません」という方もいますし、
出来れば処分をしたいと考えるでしょう。

しかし、中には取っておいて損の無い段ボールがありますし、
捨てないほうが良いことも有ります。

どういったものかというと、家電やブランド物が入っている箱で、
もしかすると手放す可能性があるものです。

最近、薄型の液晶テレビを手放す方がいますが、
来年、地デジに変わるため手持ちの対象外のテレビを
売りに出しているのです。

エコポイントなどで地デジ対応のテレビが安く手に入る今、
買い換える方が多くなっているからです。

そんな時、買ったときの箱や取扱説明書があれば、
本体のみより高い価格で売れることが有ります。

もし、発送するのであれば、
元の段ボールや発泡スチロールがあれば安心して梱包することが出来ます。

買われた方の安心度も違ってくるようです。

最新家電を購入している方の中には、次々に変わる製品を購入するため、
箱を大事に取っておく方もいます。男性に多いかもしれません。

ブランド品やコレクション品などは
箱が付いているかで値段が相当変わってきますし、
取っておいて損は無いのです。

そのようなものは状態を綺麗に保つことも必要です。

キャンプで活用する段ボール

6月 25th, 2010by eiseisite

キャンプやアウトドアでは、段ボールが大活躍してくれます。

例えば火起こしをする際の扇子の役割をしてくれますので、
バーベキューをする際にとても便利です。暑さもこれで仰ぐと快適です。

大きめのものがあれば、一枚に開いて敷物の下に敷くと、
地面の凸凹の解消につながり、座りやすくなります。

冷たい地面を感じることもありません。

小さなお子様ならそのまま使ってあげると汚れてもさっと拭けて、
そのままお昼寝をさせることも可能です。

段ボールの形を生かしてテーブルとして使うことも可能ですし、
荷物を入れておくことも出来ます。

他には、急な下り坂や大きいローラー状の滑り台があれば、
段ボールをお尻のサイズプラス持ち手になる部分を長めにし、
それに座ってソリのように楽しむことができます。

これは子供たちにかなり好評で、
「きちんとした道具が無くてもできる」といった知恵を
つけることも出来ます。

アウトドアでは最小限の持ち物で、
そこにあるものを楽しんでしまうのが醍醐味だと思います。

自然の中でどのように楽しめるかがキーワードかもしれませんね。

他には新聞紙があると、物を包む、座る、火起こしの材料、
ジャガイモを釜の中で焼くなど、便利に使えます。

荷物を送るときのアイディア

5月 25th, 2010by eiseisite

荷物を送る際に、
段ボールが大きすぎて別のものを探す方もいるでしょう。

ですが、面倒じゃないですか?

多少大きくても、コンパクトにする方法はいくつか有ります。

多くの方が勘違いしているものに、
「ゆうパック」や「宅配」は専用の箱じゃなければならないと
思っていることです。

運送会社によってそれぞれ重さや大きさの規定が有りますので、
それに合わせてしまえばどんなものでもOKなのです。

例えば、紙袋でもスーパーのレジ袋でもOKだったりするのです。

ただし、貴重品や壊れやすいものには
段ボールなどでしっかり梱包しましょう。

さて、大きさを変える方法ですが、
自ら新しくサイズを測って作る方法と、
既存の大きさを変える方法が有ります。

後者の場合、段ボールの四つ角の上部分を
中身に合わせて切り込みを入れてください。

そこから蓋にしてしまうという方法になります。

見た目は多少悪くなりますが、
切り込んだ部分をカッターを使って角を作ると、
見た目にも綺麗な箱が完成します。

角を付ける際には荷物を入れる前に行ってください。

表部分に深さ半分にカッターで切り込みを入れれば良いのです。

一つ完成すると、今後も応用が効きますので、
荷造りの箱探しに時間をかけなくて済みます。

衣類収納の段ボール

4月 25th, 2010by eiseisite

収納家具を買うより「段ボール」という方もいるでしょう。

確かに、何度も引越しをされる方やとりあえずという方も多く、
生活の中で使う頻度が少なければそれで済んでしまいます。

衣装ケースなどは空になっても畳めず、嵩張りますので、
段ボールを活用してもいいと思います。

ただ、数年開けることがないのなら、正直お勧めは出来ません。

虫が入る、湿気でカビが生えるなど、
衣類が傷んでしまうからです。

これなら取って置く意味がありませんし、
近い将来ゴミとなりますので、
いっそのこと処分をした方がいいでしょう。

段ボールに衣類を仕舞う場合、
最低でも1年に1回は開けてチェックできるものにし、
防虫剤や湿気取りを使用したほうが良いと思います。

また、数年間継続して使うことは望ましいことではありません。

なぜなら、温かくて吸湿しやすいので、
虫やカビの発生率が高くなります。

せっかくの良いアイディアでも、
結局はゴミを増やす結果となりますので、
衣類保管は一時的なものとして考えたほうが良さそうです。

保管の際は下に「すのこ」を敷くことも忘れないでおきましょう。

年に一度の掃除も欠かせません。

1年に一度開けてあげることで、
クローゼットのお掃除にも繋がります。