段ボールのある生活はじめよう
段ボールのある生活はじめませんか

Archive for 6月, 2013

海外からの贈り物

木曜日, 6月 27th, 2013

宅配便が届くとワクワクしませんか。
家になにかが届くのって嬉しくありませんか。
自分でインターネットなどで注文をしたものだったり、友達や親からのプレゼントだったりと家にとどくものは様々ですが多くのものはダンボールに入って送られてきますよね。

今はメール便や簡易的な宅急便など様々なサービスがありますからビニールや紙袋、紙でできたちょっとした宅配便などがありますが、大きめのものや量があったり割れ物や大事なもの、商品などは大体ダンボールで発送するのが普通です。

それだけダンボールは物を送ることに合っているということなのですが、今、インターネットの時代になり海外からでも気軽に物を取り寄せることができる時代になりましたよね。

海外というととても遠かったですが今やインターネットひとつで簡単にリアルタイムに繋がる時代です。
海外のものを取り寄せて日本で使うことが簡単にできるのです。
そんな海外から送られてくるものたちもダンボールに入れられてやってきます。

ものすごく遠い国から飛行機に乗ったり電車にのったりして自分の家に届いてると思うとなんだか不思議な気分になりますね。

万国共通でダンボールは広く使用されているのですね。
物を送るときにはダンボールというのがどの国でも同じということで、それだけダンボールは人間共通のものなのがわかります。

衣替え…衣類はどこに?

木曜日, 6月 13th, 2013

衣替えの季節が一年に何度かやってきます。
一人暮らしでも家族がいても衣替えは重要ですよね。
特に家族がいる家庭の衣替えは人数によってはけっこう大変だったりしますよね。

そんな衣替えですが、みなさんは衣替えした衣類たちをどんなところに入れていますか。

家によっては納戸があったり押入れがあったり物置があったりと様々だと思いますが、衣替えした衣類は基本的にはその次の年の同じ季節になるまで出しませんよね。
だからこそ衣類はきちんとしまっておくことが大切です。虫に食われないように保存状態をなるべく良い状態で保管したいものです。

そんなとき、ダンボールがとても役立ちます。
ダンボールはある程度の湿気を取り除いてくれますし、虫よけにもなります。ダンボールの中にさらに湿気を取るシートや防虫剤などを入れておくと安心です。
ダンボールは収納力がかなりあるのでたくさんの衣類を入れることができるでしょう。
コツとしてはあまり詰めすぎないこと。ふんわり入れることで次のシーズンに出したときにペタンコにならずに同じ状態で衣類を出すことができます。
あまり詰めすぎてしまうと布地自体が潰れてしまってなんだかペタンコの服になってしまうので入れすぎには注意しましょう。
衣替えをしたときに昨年と同じ状態の衣類を着て楽しみましょう。