段ボールのある生活はじめよう
段ボールのある生活はじめませんか

Archive for 3月, 2013

梱包しよう!

木曜日, 3月 21st, 2013

人に物を送るときにちょっと大変なものがあったりしませんか。
こんな形のダンボールはないなぁ…とか、この大きさのダンボールだとちょっと大きいなぁ…とか、梱包するものがなくて困ってしまうことってありますよね。

しかし、そんなときはダンボールを自分で作りましょう。
例えば。
おじいちゃんおばあちゃんに子供のカレンダーを送りたいというご家庭が最近増えていますが、カレンダーを送るときって何にいれようか迷ってしまいますよね。
しっかり梱包しなければ折れてしまう可能性だってありますし、かといってカレンダー用のダンボールなんてどこに売ってるのかわからない…というときには普通のダンボールをカレンダーの長さよりちょっと長めにして長方形に3つ同じサイズでカットします。

カットしたダンボールを中にカレンダーを入れて三角形の状態にして布製のガムテープでしっかりと固定します。
ダンボールに三角形のダンボールをあててフタの型を描きます。そしてそれよりも少し大きめにカットしてえんぴつなどで描いた三角形の外側の部分を三角形の角部分に切り込みを入れて内側に折ります。
そうすることでフタが中に差し込める状態となるので差し込んで同じくガムテープでとめましょう。

するとカレンダーにぴったりな梱包ができます。
このように自分流に梱包して送るとピッタリサイズな梱包になり相手にも喜ばれますよ。

思い出いっぱい

木曜日, 3月 7th, 2013

小さなお子様がいる家庭では思い出の品というのが増えていきますよね。
はじめて描いたおえかきだったり、はじめて書いた文字、はじめて作った工作から幼稚園で製作した工作や母の日や父の日にくれたプレゼント工作など…さらに小学校になるとそういったものに加えて通知表やテストなど様々な思い出の品が増えていきます。
そういったものってすぐに使うものではないにしろ、キチンと保管しておきたいですよね。
本人が大人になったときに自分の子供に見せるものにもなりますし、保存状態が良い状態で保管したいものです。

すぐに使うものではないのでダンボールに入れて保管すると良いですね。
ダンボールに何年から何年までもものが入ってるかを書いてそれぞれの年のものに仕分けしておいてダンボールに入れて保管するのが良いでしょう。
クローゼットの奥底であってもダンボールな長い間代わらない状態で保管してくれます。
増えていくものですから提起的に足したりしてそれらを積み重ねて置いておくと良いでしょう。

子供が作ったものは宝物ですよね。子供の成長が見られる工作や作文や絵など捨てられるものではないですよね。
だからこそダンボール、活用してください。
ダンボールはそういったものを保管して時間とともに閉じ込めておいてくれますよ。