段ボールのある生活はじめよう
段ボールのある生活はじめませんか

Archive for 7月, 2012

引越し必需品

木曜日, 7月 26th, 2012

ダンボールというものは、引越しには欠かせないアイテムです。
たくさんある小物をひとまとめに出来ることも魅力ですし、箱自体は軽いのに、耐久性にもすぐれていますから、
長年愛されて利用されているのです。
紙素材ですから、単価が安いのもいいところですよね。

引越しのときに、たくさんある小物をどうやってダンボールに詰めていったらいいかわからない人もいるかもしれません。
基本的には、衝撃に耐えられるように、隙間なくうめるといいでしょう。
隙間があると、中でものが動いてしまい、破損の原因になります。

また、重くなりすぎないように調整することも大事です。
特にCDやそのケースは割れやすいですから、箱の内側にビニール素材の緩衝材などを使っておくといいでしょう。
こうすることで、衝撃に弱い部分を守ることが出来ます。

また、引越しのときに使うダンボールは両手で持ち運びしやすい大きさのものがオススメです。
重くても、15~20kg位にしておくといいでしょう。
長かったり、大きすぎたりするダンボールは持ち運びに適しておらず、あまり向いているとはいえません。
また、運ぶときには箱同士を重ねる場合がほとんどですから、変形サイズのものをつかうと、うまく積むことができないのです。

秘密基地に

木曜日, 7月 12th, 2012

子供はダンボールというものが好きなものです。
特に、自分の入れるような大きさのダンボールはちょっとした基地感覚で遊べます。
自分が小さい頃、ダンボールの中に入って遊んだという思い出がある人も多いのではないでしょうか。

家の中で安上がりに遊べるのが魅力ですね。
さらに、絵をダンボールに書いたり、穴をあけたり、ヒモをつけたりすれば、工作をする楽しみも出てきます。

オススメは、洗濯機や冷蔵庫などの、大型家電のダンボールです。
これくらいの大きさがあれば、中に入って思う存分遊べるので、かなりお気に入りのスペースになることでしょう。
以前はテレビの箱でもよかったんですが、
世の中はすっかり薄型になってしまったので、入るのはちょっと難しいですね。

最近ではこれらの家電を買った場合に、箱を事前に外してしまって、設置をしてくれる業者が多いのですが、
ここはあえてダンボールを残しておいた方がいいでしょう。

設置をしてくれる場合でも、家の前までは箱に入れた状態で持ってくることが多いですから、箱もください! と言っておくといいですね。

また、近くにそういった商品を扱うところがあれば、ダンボールが余っていないか、聞いてみるのもいいでしょう。
基本的には処分してしまうものですから、譲ってもらえることが多いはずです。