段ボールのある生活はじめよう
段ボールのある生活はじめませんか

Archive for 6月, 2012

断熱材として

木曜日, 6月 28th, 2012

ダンボールは断熱材としても十分な働きをしてくれます。
本来の使用目的とは違いますし、本物の断熱材には遠く及びませんが、身の回りにあるものですぐにあたたまりたい、ということならば
とてもお手軽な手段といえるでしょう。

特に冬場はかなり冷え込むことが多いため、暖房器具などを使わないで暖まろうと考えるのなら、それなりの方法が必要となってきます。
最近では電気などを使わないで暖まる方法が注目されていますので、
ダンボールも有効に活用することができます。

ダンボールはすぐにたたんで、リサイクルなどに出してしまう人もいますが、いざというときには結構役にたつものです。
たたんでしまえばそれほど邪魔にはなりませんから、押入れの隙間などに入れて、いくつかストックしておくといいでしょう。

床が冷えるなと思ったら、ダンボールを敷いたりしてみるといいでしょう。
特に一階でフローリングのような部屋は、冬時期はかなり冷え込みます。
カーペットがついていない部分で、普段歩かないようなスペースはダンボールを敷き詰めるだけでもかなり違ってきますよ。

また、窓辺から入ってくる冷気もかなり厳しいものです。
ダンボールで下のほうに壁を作ってあげるといいでしょう。
結露するとダンボールがぬれてしまいますので、直接窓につかないようにしたり、他の結露防止グッズと併用するといいでしょう。

防音対策にダンボールを

木曜日, 6月 14th, 2012

騒音問題はどこでも起きています。一軒家同士で離れていても隣の家の音楽の音がうるさいとか隣の家の犬の鳴き声がうるさいなど同じ音でもうるさいと感じる人とそんなに気にならない人がいるのでとても難しい問題です。
一軒家のように離れていても問題がおきるのにマンションやアパート、宿舎や社宅は壁一枚隔ててすぐ隣なのです。もっと問題が起きやすいです。特に子供を持つ家族は子供の足音は響くのでとても気になります。
実際に下の家から苦情が来たなどという話もよく聞きます。社宅などは旦那さん同士が同じ仕事場の為、なかなか苦情を言うことはできません。
子供のいる家庭ではあまりにも子供に注意ばかりしてはと悩むこともあるかと思いますがやはり集団生活をしている以上なるべく必要以上の音は出さないように努力する必要があります。
そこで防音効果のあるダンボールをマットや絨毯の下に敷くとそれだけでだいぶん音を吸収してくれます。特に冬は保温効果もあるので温かいです。ダンボールを2枚、3枚とかさねると更に防音効果は高くなります。
防音マットというものも売っていますが結構値段も高く、広い範囲に敷くのは大変です。ダンボールであれば部屋全体に敷いても無料です。ただ、湿気や結露には気をつけてくださいね。