段ボールのある生活はじめよう
段ボールのある生活はじめませんか

Archive for 4月, 2012

単身赴任のダンボールの家

木曜日, 4月 19th, 2012

単身赴任の人は荷物が一人分の為、比較的楽ではありますが、引越し業者に来てもらうのであればそれなりに大変です。自炊する人は冷蔵庫や炊飯器、鍋、電子レンジ、小さいものでも食器棚なども必要ですし、もちろんテレビや布団、暖房器具なども必要です。
単身赴任はだいたい2、3年で戻ることが多く、土日は家に帰るという人も多いので生活必需品以外は必要ないとは思いますがやはり引越しは大変です。なるべく引越し業者を呼ばずに荷物を少なくして自分の車で運ぶという人もいます。
荷物を少なくしたい人はダンボールで色々作ったり、ダンボール製のものを買うと引越し先で作ったり買ったりできて単身赴任が終わればゴミとして出してリサイクルしてもらえばいいので荷物が減ります。
特に仕事が忙しい人は寝に帰るだけという人も多いです。冷蔵庫や炊飯器、テレビや布団はダンボールでは作れませんがテーブルやいす、テレビ台などは綺麗なダンボールで布でもかぶせておけば簡単に作れます。
簡単な食器棚やタオルを置く棚であればダンボールで作れます。家に帰らない時間のある土日に作ってみるのもいいかもしれません。
ダンボールのスーツボックスも2000円~3000円で売っているのでそれを引越し先で買ってまたもどる時にはリサイクルへ出すというのもいいでしょう。ただ、湿気には十分注意しなければいけません。

灯油タンク入れのダンボール

月曜日, 4月 9th, 2012

冬になると石油ストーブがやはり一番暖かいですよね。エアコン暖房のように喉の渇きも肌の乾燥もひどくありませんし、広めの部屋でも暖かくなるのが早いです。ただ、面倒くさいのが灯油を買って来て入れなければいけないことです。
重いので女性や高齢者は大変です。灯油の宅配もやっていますが高いので自分で買いに行く人が多いようです。タンクに灯油を入れて車に入れて運ぶ時にしっかりとふたをしないとこぼれて大変なことになります。
また、液だれのように灯油が少しでもたれると車の中はすごく灯油臭くなります。灯油が手に少し付いただけでも匂いが消えないように灯油の匂いはなかなか消えないものです。灯油タンクからストーブに入れる時も少したれてしまうことが多いのですがしばらく部屋が灯油臭いです。
車の中でも家でも灯油タンクを入れるダンボールを作ると少しは安心です。タンクより少し大きめのダンボールに大きめのビニール袋を入れてその中に灯油タンクを入れると液だれしても車や部屋に直接灯油が付くことが少なくなります。家ではストーブに入れる時は新聞紙の上でやった方が安心ですね。
汚れたり灯油臭くなったらまた新しいダンボールに取り換えると部屋に匂いがうつることも避けられます。