段ボールのある生活はじめよう
段ボールのある生活はじめませんか

Archive for 3月, 2012

子供達のぬいぐるみ保管法

木曜日, 3月 22nd, 2012

子供達は一時期ぬいぐるみをすごく欲しがります。我が家にもディズニーランドに行った時のミッキーやミニー、動物園で買った猿のぬいぐるみやトラのぬいぐるみ、おじいちゃんおばあちゃんに買ってもらった大きなプーさんなどたくさんのぬいぐるみ、ゲームセンターで取ったぬいぐるみなどがあり、遊んでいない時にはおもちゃケースの中で下の方でつぶれている時もあります。
ぬいぐるみは埃が立ちやすくそのまま部屋に置いておくのはアレルギーの原因になったり喘息の子供にもあまりよくありません。
かといってぬいぐるみを可愛がることで養われる心もあると思うので全部捨てるというのもかわいそうです。そういった時には大きめのダンボールに簡単な仕切りを作ってそれぞれのぬいぐるみの部屋を作ってあげましょう。
そして部屋には順番に2、3個ずつ置いてあげて「後の子たちはお部屋で休んでいてね」というと納得してお片付けができるようになります。
ぬいぐるみの入ったダンボールはなるべく通気性のいい部屋に置いて除湿剤や防虫剤も入れておくと安心です。ぬいぐるみは埃や手汗、よだれなどで結構汚れています。子供が持つようなぬいぐるみは洗濯できるものが多いのでこまめに洗濯してあげましょう。

ダンボールにお菓子

木曜日, 3月 8th, 2012

子供にとってお菓子を食べるは遊ぶことの次に重要な事です。4、5才になると好きなお菓子がでてきたり、毎日同じだと文句を言ったりしてくるようになるので大変です。
幼稚園や学校から帰ってくると「お菓子食べる」とすぐ言うのでお菓子は常に家に買い置きしている家が多いです。飴やチョコレートなどの小さいものであればいいのですがポテトチップなどのスナック菓子やパンケーキやチョコパイなどのふんわりしたお菓子だと置き場所に困ります。
台所に置くともっと他に置きたいものがたくさんあって邪魔ですし食器棚の深い引き出しでもすぐいっぱいになるのでしょっちゅう買いに行かなくてはいけません。
我が家では一部屋あまり使ってない部屋のダンボールの中にお菓子を入れてお菓子の時はそのダンボールごと持ってきて好きな物を2つか3つ選ばせています。
ただ、封が開いたものはダンボールには入れずに冷蔵庫や忘れないようにリビングのかごに入れておきます。こうするとお菓子の置き場も決まりますしたくさん買い置きもできます。
そして子供達に選ぶ楽しみもできますのでおススメです。封を開けていないと言っても食べ物を入れますのでなるべく新しいダンボールに入れた方がいいですね。