段ボールのある生活はじめよう
段ボールのある生活はじめませんか

Archive for 2月, 2012

狭い部屋にたくさんのダンボールが置ける?

木曜日, 2月 23rd, 2012

狭いアパートに家族で住んでいる家族も多いです。また一人暮らしでも物がたくさんある人もいます。
一生住むというつもりではない人が多いので大きなタンスやしっかりした収納ケースというものではなくダンボールにとりあえず入れているという人がほとんどです。
ダンボールは便利ですが重ねることはできません。大きなダンボールに小さいものを乗っけることはできますが重ねるというわけではありません。
重ねられたら便利だなと思って調べたところ「ダンパー」というダンボールの四隅に付けるとしっかりと重ねられるというものを見つけました。
まだ知らない人も結構いると思いますが、ダンボール業界ではかなり活躍しているようです。ふたを開けた状態でもしっかりと重ねられるので通気性もよくとても便利です。
プラスチックで色々な色もあり、一個130円ぐらいと家庭で重ねる程度だったらそんなに高くもありません。ふたを開けた状態で何か作業をしたい時も便利です。
家族で季節外の服を入れておく時に使うのであれば赤のダンパーはお母さん、青はお父さん、ピンクはお姉ちゃんなどと色分けすると誰のダンボールかわかりますし、片づけしやすいです。
通気性はよくなりますが衣類をダンボールに入れる時は必ず防虫剤と除湿剤を入れておいた方がいいですね。

車の中にダンボールを入れておこう

木曜日, 2月 9th, 2012

車のトランクにはなるべく新しいダンボールをたたんで2、3枚入れておくと何かと便利です。例えば遠くに旅行に行ってたくさんお土産を買う時もあると思いますが、ケーキやおまんじゅう、ふんわりしたお菓子などの倒れたりつぶれたりしたら台無しになるもの、ガラス細工のようなものも子供に踏まれたら大変なのでその場で簡単に組み立てて帰り道だけ入れておいたりもできます。
桃、イチゴなどの果物やお祝の花束やブーケなどもとりあえず入れておけば安心ですね。また、子供を遊ばせている時に多いのですが急な雨でドロドロになった靴や洋服をとりあえず入れておく箱としても便利です。
泥で汚れてしまっても乾かしてなるべく泥をとったらゴミに出してリサイクルしてもらいます。車のシートを汚しません。また大きな災害があった時にもなにかと役に立ちます。東日本大震災の時も家に帰れず車の中で過ごした人も多いといいます。
ガソリンも無駄にできずに寒くて仕方がない状態になった時、窓に立てておけば寒さも少しはしのげますし、最悪な時はビニール袋さえあれば簡易トイレも作れます。地震も全国で頻繁に起きています。
何があるかわからない時代なので避難道具と共に水とダンボールも入れておきましょう。