段ボールのある生活はじめよう
段ボールのある生活はじめませんか

Archive for 8月, 2011

アーティスト作品

木曜日, 8月 25th, 2011

クラフト作家も様々で、風景を紙で再現していく方もいますし、いろんな素材を用いてジオラマを作られる方もいます。ジオラマは周辺風景と背景を立体的に表現する博物館展示の方法ですが、テレビ番組でもそれを競うものがありましたので、沢山の人に知られています。

クラフトの中に段ボール作家というアーティストもいます。

彼らの作品には有名絵画を3D仕立てで作ったものや、スピーカーと段ボールでサラウンドシステムを作った方もいるようです。

こうなるとプラモデルファンだけでなく、音にうるさい方にとっても、見応えのある作品だと思います。部屋の中にそれが埋め尽くされている感じになっていますので、好きな方なら何時間も見てしまいそうですよ。

アーティスト作品は段ボール家具やオブジェとしても登場しており、ネット通販でも手に入るようですが、実用的なものが多くなっています。子供向けの「ままごとハウス」やキッチンセットもありますので、一つ買うとシリーズで欲しくなる物ばかりになっています。

彼らの多くがオフィス用品や家具、販促物を作り、緻密で完成度の高い作品を作っています。中には店舗内をトータルで作っていかれる方もいるようです。

ネットで紹介されていたアーティスト作品に、「段ボール渓谷」というものがありましたが、かなり圧巻です。

オブジェ

金曜日, 8月 5th, 2011

段ボールをいろいろ調べていくと、凄い物にお目にかかれたりします。

沢山のパーツを組み込んで、巨大オブジェやモニュメントとして作られたものもあり、外国では建物の中にも入らないようなものがあったりします。雨が降ったらどうするのだろうという疑問もありますが、モニュメントですので雨で片付けられることは無いかと思います。

他には、ネットのオンラインショップでも制作キットが手に入るようになっています。

サイズが数種というものもあり、小さな物だと数千円、巨大な物だと20万円弱というものまであり、段ボールの凄さを感じることが出来ます。巨大な物は企業のショールームでも使えると思います。

プラモデルの多くは、男性に関心が持たれそうな飛行機やアンティーク自動車、恐竜、動物といったもので、子供向けの物はパズルになっているものが多いようです。段ボールという紙で出来ていますので、パズルといっても平らという感じですが、組み立てていくことで立体的な物が作れます。何を作るかは想像力次第ということになりますが、大人はそれに勝てないかも知れません。

手先が器用な日本だけの段ボールアートだと思っていましたが、前出のモニュメントの凄さはイコール、大地の規模かなと思ったりもします。