段ボールのある生活はじめよう
段ボールのある生活はじめませんか

Archive for 7月, 2011

帰ってくるが管理されている

水曜日, 7月 27th, 2011

段ボールは再生紙が9割以上入っていますので、凄いリサイクル率です。

原紙工場では原材料をきちんと把握して作っていますので、強い紙質をもったものなど、用途に応じてあらゆる紙を作っています。

リサイクル率に関しては、日本には段ボールのリサイクルをきちんと調査しているところがあります。

そこでは3Rを数字として出していますが、リサイクルマークを表示している率は2009年4月には9割にも上っているようです。それだけ環境を考えた企業が多くなっていると言うことができます。

リサイクル率は2005年から9割という数字が出ており、現在は10割超えているようです。

一方でリデュース(ゴミを減らす)率は現在も減少を続けているようです。焼却処分されている物が減っているのでかなり良い状況と言えます。

タイトルには「帰ってくるが管理されている」と書いてありますが、数字によって発表されていることから、資源として回収されている、再生紙としてよみがえっている、ゴミとして処分されている数字がきちんと把握されているということになります。

ゴミの分別が行われなかった以前は、缶や瓶も全てまとめて回収車の乗せていましたが、今考えるだけでもぞっとする光景だったりします。

照明器具が入っています

月曜日, 7月 4th, 2011

捨てられない段ボールの中に、照明器具入りの物があります。

電球が付いていること、傘は思ったより弱いことが理由ですが、別の箱に替えることもなく押し入れに数年入っていることもあります。

このような段ボールは汚くなってもそのまま取っておいた方が良いと思います。型崩れと破損がでれば使えなくなることもありますし、電球が割れてしまっては大変です。

照明器具は、引っ越し先に合わない、新居を構えたなどそのようなときには中身ごと思い切って処分した方がいいと思います。

最近よく目にするのですが「シーリングファン」が売りに出されています。

シーリングファンの場合家庭によっては、差し込み口の違いによって接続できないこともあるのです。昔に比べ安く買えるようになりましたので、手にした方は多かったのでしょうね。

シーリングファンの利点は、オシャレであることは勿論、空気を循環させることにあります。天井から巨大扇風機が回っている感じですが、一般の扇風機ほど風は送れませんし、回転速度は危なくない程度に考えられています。

照明器具はなかなか買う物ではありませんが、賃貸住宅によっては自分たちで準備が必要なものですので、中身が無くても箱は取り置きした方が良さそうです。