段ボールのある生活はじめよう
段ボールのある生活はじめませんか

Archive for 4月, 2011

シンク下にDIY

水曜日, 4月 20th, 2011

シンク下は使い勝手が悪かったりします。

そこにはキッチン用品をしまうことが多いのですが、排水溝があるということで別の物をしまう方もいます。考えてみたら、口に入れる物を作る道具をしまうにはちょっと抵抗があったりしますね。

シンク下には綺麗な物はしまわず、積み重ねておける物を収納しますが、DIY用品収納にも適しています。

DIY用品はのこぎり、ハンマー、ペンチ、ドライバーなど、手作りをすればするほど物が増えてきます。増えてきますので、専用のボックスでは間に合わなくなることもあり、消耗品はそこにいれておけなったりします。例えばペンキやニスですが、別々の箱にしまった方が良さそうです。

道具を挙げていけば細かい物がどんどん登場し、実際に増えていけばまとめて段ボールに入れた方が使えると思います。ペンキ塗りの道具、組み立てのためのねじや釘入れなどを別々に入れ、フタが無くても重ねることが可能です。このような物はフタがないことで使いやすかったりします。コンテナ収納の要領ですね。

とりあえずそこから取り出し、使うものをそれぞれの箱の中から選び、作業用の段ボールの中に入れていくのです。作業が完了するまで入れておくことが出来、散らかることもありません。

小箱は処分することが多い

火曜日, 4月 5th, 2011

マグカップや急須など、単品のものも段ボールに入っていたりします。

贈り物を扱っているネットショップでは、単品購入することが多く、シリーズもそれぞれ選んで買うことが出来ます。そこで使っている箱は、小さめのものが多く、買った物をすぐに使わない場合、箱に入れたまま収納したりします。頂き物だと可能性としては大きいですね。

さて、そのようにしまわれた物は数年放置されることもざらで、使うときになってゴキブリの糞が付いていたということもよくあります。

フリーマーケットでもそうですが、そのような箱は処分し、「箱はありませんが新品未使用です」という表示がされます。汚い箱だと商品イメージも悪くなりますし、箱を捨てた方が印象が良くなることもあります。

ネットフリマにもそのようなものが多く出品されており、箱もセットになっているものよりは安い値段で提供されています。

ファンシーショップでは箱にこだわっておらず、簡単に作られているものが多くなっています。輸入品の場合特にそうですね。大量仕入れで安く買い付けするメリットだと思いますが、安く提供するために箱にお金をかけていないのではないでしょうか?

簡単に作られていることから資源ゴミとして処分されることが多いのです。