段ボールのある生活はじめよう
段ボールのある生活はじめませんか

Archive for the ‘段ボール’ Category

帰ってくるが管理されている

水曜日, 7月 27th, 2011

段ボールは再生紙が9割以上入っていますので、凄いリサイクル率です。

原紙工場では原材料をきちんと把握して作っていますので、強い紙質をもったものなど、用途に応じてあらゆる紙を作っています。

リサイクル率に関しては、日本には段ボールのリサイクルをきちんと調査しているところがあります。

そこでは3Rを数字として出していますが、リサイクルマークを表示している率は2009年4月には9割にも上っているようです。それだけ環境を考えた企業が多くなっていると言うことができます。

リサイクル率は2005年から9割という数字が出ており、現在は10割超えているようです。

一方でリデュース(ゴミを減らす)率は現在も減少を続けているようです。焼却処分されている物が減っているのでかなり良い状況と言えます。

タイトルには「帰ってくるが管理されている」と書いてありますが、数字によって発表されていることから、資源として回収されている、再生紙としてよみがえっている、ゴミとして処分されている数字がきちんと把握されているということになります。

ゴミの分別が行われなかった以前は、缶や瓶も全てまとめて回収車の乗せていましたが、今考えるだけでもぞっとする光景だったりします。

照明器具が入っています

月曜日, 7月 4th, 2011

捨てられない段ボールの中に、照明器具入りの物があります。

電球が付いていること、傘は思ったより弱いことが理由ですが、別の箱に替えることもなく押し入れに数年入っていることもあります。

このような段ボールは汚くなってもそのまま取っておいた方が良いと思います。型崩れと破損がでれば使えなくなることもありますし、電球が割れてしまっては大変です。

照明器具は、引っ越し先に合わない、新居を構えたなどそのようなときには中身ごと思い切って処分した方がいいと思います。

最近よく目にするのですが「シーリングファン」が売りに出されています。

シーリングファンの場合家庭によっては、差し込み口の違いによって接続できないこともあるのです。昔に比べ安く買えるようになりましたので、手にした方は多かったのでしょうね。

シーリングファンの利点は、オシャレであることは勿論、空気を循環させることにあります。天井から巨大扇風機が回っている感じですが、一般の扇風機ほど風は送れませんし、回転速度は危なくない程度に考えられています。

照明器具はなかなか買う物ではありませんが、賃貸住宅によっては自分たちで準備が必要なものですので、中身が無くても箱は取り置きした方が良さそうです。

要らない物入れ

火曜日, 6月 14th, 2011

段ボールがある生活は学校の中にもあります。

授業参観や職員室への用事の際、目にするのが「忘れ物入れ」です。

職員室の出入り口に段ボールが置かれ、その中に子供たちが忘れた物が入れられています。子供たちが通る場所に置きますので「見てくださいね」という配慮だと思います。職員室付近だけではなく、各場所(1年生、2年生の教室の場所など)にも配置され、「旬の忘れ物」、つまり忘れて間もない、落として間もないものはそこの段ボールに入れているようです。「旬」であれば本人も慌てて探すでしょうし、場所的にはナイスだと思います。

家庭でもこんな風に使えると思いますよ。

家庭なら忘れ物はないでしょうから、「もう使わないかもしれない箱」として、使わないから誰か使ってとか、処分してもいい物を入れるボックスを作るのです。考え方としては「物置」になりますが、段ボールに入れてあることで定期的に整理しますし、使わない物をいつまでもしまっておかずに済むのです。整理と処分はお母さんが担当し、入れた物に関しては文句が言えないようにしてみてはどうでしょう?

それをやるには置き場所が問題ですが、お客様に見えない場所として家事室に置いてみてはいかがかと思います。

ままごと家具に

水曜日, 5月 18th, 2011

子供向けの手作り本が出ていますが、2000年以降は段ボールに的を絞った物が人気です。

その時々で人気となる素材があり、チラシかご、PPバンドバッグのクラフト系、カラフル軍手の人形など、家庭の中で増えて困っている物に焦点をあてたものが流行る傾向にあります。

2000年からは段ボールと言いましたが、この頃からインターネットのオンラインショッピングや、テレビ通販商品がバンバン売れており、家庭の中に段ボールが増えてきたからだと思います。

段ボールというと遠くの家族に荷物を送る以外、家電を買わない限り手に入りませんでしたが、日本全国どこにいても買い物が出来るようになりましたので、運搬に欠かせない箱が重宝しています。個人商店も全国の方対象に商売をしている方もいるのです。凄い世の中ですよね。

さて、子供用のおもちゃにはキッチンセットなどの家具があります。

最近人気となっているものは段ボールで作るものだそうです。

表紙を見ただけですが、かなり精巧に作られ、布と合わせることで可愛くリアルになっています。私も近々手に入れて作ってみたいのですが、最初は力が入って大変なようですね。紙なのに日曜大工をした気分になれるそうです。

シンク下にDIY

水曜日, 4月 20th, 2011

シンク下は使い勝手が悪かったりします。

そこにはキッチン用品をしまうことが多いのですが、排水溝があるということで別の物をしまう方もいます。考えてみたら、口に入れる物を作る道具をしまうにはちょっと抵抗があったりしますね。

シンク下には綺麗な物はしまわず、積み重ねておける物を収納しますが、DIY用品収納にも適しています。

DIY用品はのこぎり、ハンマー、ペンチ、ドライバーなど、手作りをすればするほど物が増えてきます。増えてきますので、専用のボックスでは間に合わなくなることもあり、消耗品はそこにいれておけなったりします。例えばペンキやニスですが、別々の箱にしまった方が良さそうです。

道具を挙げていけば細かい物がどんどん登場し、実際に増えていけばまとめて段ボールに入れた方が使えると思います。ペンキ塗りの道具、組み立てのためのねじや釘入れなどを別々に入れ、フタが無くても重ねることが可能です。このような物はフタがないことで使いやすかったりします。コンテナ収納の要領ですね。

とりあえずそこから取り出し、使うものをそれぞれの箱の中から選び、作業用の段ボールの中に入れていくのです。作業が完了するまで入れておくことが出来、散らかることもありません。

小箱は処分することが多い

火曜日, 4月 5th, 2011

マグカップや急須など、単品のものも段ボールに入っていたりします。

贈り物を扱っているネットショップでは、単品購入することが多く、シリーズもそれぞれ選んで買うことが出来ます。そこで使っている箱は、小さめのものが多く、買った物をすぐに使わない場合、箱に入れたまま収納したりします。頂き物だと可能性としては大きいですね。

さて、そのようにしまわれた物は数年放置されることもざらで、使うときになってゴキブリの糞が付いていたということもよくあります。

フリーマーケットでもそうですが、そのような箱は処分し、「箱はありませんが新品未使用です」という表示がされます。汚い箱だと商品イメージも悪くなりますし、箱を捨てた方が印象が良くなることもあります。

ネットフリマにもそのようなものが多く出品されており、箱もセットになっているものよりは安い値段で提供されています。

ファンシーショップでは箱にこだわっておらず、簡単に作られているものが多くなっています。輸入品の場合特にそうですね。大量仕入れで安く買い付けするメリットだと思いますが、安く提供するために箱にお金をかけていないのではないでしょうか?

簡単に作られていることから資源ゴミとして処分されることが多いのです。

音を吸収させています

水曜日, 3月 23rd, 2011

私の家の中には沢山の処分品でいただいた段ボールがあり、使わないものはたたんでソファーの後ろなどにしまわれています。

普段よく使うからでしょうが、一般の家庭だと予備を置くことが無く必要になったときに、スーパーなどで手に入れると思います。

段ボールが家の中にあると、いろんなところで活躍します。

例えば音を出したくないときに床やテーブル、机の上に置き、遮音の役目をしてもらいます。パン作りでは生地をテーブルにたたきつける作業がありますが、そんなときには大きめの段ボールをテーブルに強いてもいいですし、力が入って台を傷つける場合にも敷くことでそれが防げます。

工作などにはもってこいですよね。

工作だと音が出ることは少ないですが、カッターでテーブルを傷をつける、絵の具で汚してしまう、紙粘土のくずが散らばってしまう、のりやボンドがテーブルに付いてしまうなど、いろんなものから守ってくれる役目をします。

私が遮音として使っているのはパソコンデスクですが、冬の時期、冷たいテーブルが暖かくなり使い心地も良かったりします。キータッチ音の冷たさも吸収してくれているように思います。

見た目はとてもチープですが、掃除の時には丸ごと取ってしまえますので、開いたテーブルにそのまま持って行き、そこで整理することが出来ています。

棚下には欠かせない

金曜日, 3月 4th, 2011

棚の下って煩雑になったりします。
下であるが故、普段使わないものやあまり綺麗な物はしまわれません。

そんな場所には段ボールがピッタリです。

スッポリと入り、適度な隙間があれば引き出しのように使えますし、
フタをすれば中に入れた物をホコリから守ってくれます。

普段あまり使っていないものは大掃除のための洗剤やブラシだったり
しますが、それらは大切にしまわれる物でもありませんし、
いつかは無くなっていく物です。
あるいは新しい物を補充する感じになるでしょう。

いずれにしても「いつかは要らなくなる物」で、
もしかするとそこに収納する期間は短いのかも知れません。
とりあえずそこに置かれているだけなんですね。

段ボールって面白いと思います。

紙で簡単に捨てられるのに、「使うかもしれない」と取っておかれ、
棚下に入れる収納ケースとして利用され、
数年も使ってしまうことすらあります。

家庭の中でどれくらいあるんでしょう?

オシャレに飾りたい棚の上部には可愛い陶製やスチール、
プラスチックのかごが配置され、
どこにおいてもいいような物は下に配置されています。

箱の形状や飾り方次第では段ボールを上段にセットすることも出来ます。
つまり、便利に使える代用品として、主役にもなるのです。

化粧箱を捨てなくなった

木曜日, 2月 17th, 2011

家の中にある段ボールのほとんどが「みかん箱式」だと思います。

我が家も例に漏れず、大きめのものほとんどが四辺から
蓋が伸びているみかん箱で、収納にはふた付きで、
ゴミ箱などフタが不要であれば切り取ったり中に折り込んでいます。

最近は通販の会社もいろんな箱で物を送ってきますが、
ワンタッチのものが増えています。
ボックスがみかん箱と同じだとこれまでのように家庭でも使えます。
ワンタッチで開きますので簡単な物です。
ただ、みかん箱式よりも底面の強度は低いかもしれません。

そんな中増えているのが「化粧箱」タイプです。

以前なら薄いという理由ですぐに捨てるか、
とりあえずたたんでしまうなどしてましたが、
最近の物はかなり綺麗で頑丈に出来ています。
特にお菓子が入っているものだと宝物箱のようになっていますので
絶対に捨てられません。
昔だと輸入チョコにしか無かったように思います。

「あれは段ボールじゃないよ」という方もいるでしょうが、
化粧をしているために断面が見えないだけなのです。
化粧とは和紙や布、防水シートなど、
段ボールの上からくるんであるため段ボールに見えなく、
紙を複数枚重ねていることで頑丈にな作りになっているのです。
このタイプは「貼り箱」と呼んでいます。

キッチンに段ボールを置いています

木曜日, 2月 3rd, 2011

私の家のダイニングテーブルのイスには、
常に何かの段ボールが置かれています。

片付けたいのですが、ちょうど人が座らない場所でもありますし(人数的に余るので)、
通販の商品が度々届くので、ついつい、潰してそこに置いてしまうのです。

我が家では段ボールを活用することが多く、
そこに置いておいても溜まっていくということはありません。

主に、荷造りに使っていますが、メール便にすると送料が安くなるため、
その仕様にして梱包することが多く、
いろんな厚みがありますのでどれも捨てられずにいるのです。
(物自体に厚みがあるときは薄いものを使っています)

他にどのようなことに使うのかというと、
石鹸を手作りしていますので作るときに材料を置いたり、
熟成させた後に切り分けるときにも使っています。
石鹸には化成ソーダという薬品を使いますが、それに触れると危ないですし、
テーブルの塗料が溶ける可能性があるので敷いています。
念のために新聞紙も回りに敷いています。

石鹸作りに使ったものは使いまわし出来ませんので、
残念ですが燃えるゴミとして出しています。
収集される方の手にも触れないよう、下に敷いた新聞紙で包んで処分です。

我が家では月に何度かこの作業をしますので、
通販の段ボールは大助かりしています。