段ボールのある生活はじめよう
段ボールのある生活はじめませんか

音を吸収させています

私の家の中には沢山の処分品でいただいた段ボールがあり、使わないものはたたんでソファーの後ろなどにしまわれています。

普段よく使うからでしょうが、一般の家庭だと予備を置くことが無く必要になったときに、スーパーなどで手に入れると思います。

段ボールが家の中にあると、いろんなところで活躍します。

例えば音を出したくないときに床やテーブル、机の上に置き、遮音の役目をしてもらいます。パン作りでは生地をテーブルにたたきつける作業がありますが、そんなときには大きめの段ボールをテーブルに強いてもいいですし、力が入って台を傷つける場合にも敷くことでそれが防げます。

工作などにはもってこいですよね。

工作だと音が出ることは少ないですが、カッターでテーブルを傷をつける、絵の具で汚してしまう、紙粘土のくずが散らばってしまう、のりやボンドがテーブルに付いてしまうなど、いろんなものから守ってくれる役目をします。

私が遮音として使っているのはパソコンデスクですが、冬の時期、冷たいテーブルが暖かくなり使い心地も良かったりします。キータッチ音の冷たさも吸収してくれているように思います。

見た目はとてもチープですが、掃除の時には丸ごと取ってしまえますので、開いたテーブルにそのまま持って行き、そこで整理することが出来ています。

Comments are closed.