段ボールのある生活はじめよう
段ボールのある生活はじめませんか

電気を使わない方法

冬になると暖房の季節になりますね。
夏はクーラー、冬は暖房と人々は電気を利用して暑さや寒さをしのいでいます。
しかし、昨年起きた東日本大震災での大きな原発事故を受けて全国の原発が停止。点検作業のため長い間原発を停止することになったため各地では切実な節電対策を呼びかけています。

節電は一人一人が少しづつ意識して少なくすることで供給される量で充分と言われており、個人の意識と行動が大切になります。
暖房の温度をたった2度下げるだけでもたくさんの家庭がそれを実施することにより電気の量というのはかなり減らすことができるのです。

そこで活躍するのがダンボール。
部屋の中で凍えるほど電気を使うななんてことは絶対にできません。そんなことを求めているわけではないので、少しでもあたたかくなれる方法を電気を使わずに取り組むことが大切なのです。
例えば、一枚多く着込むことだったり、ひざかけなどを愛用してみたり、ダンボールを室内の空気が外に逃げないように窓に貼ったりすることでかなり体感温度が違います。
それによって2度下げることは可能になると思います。

これから先、すべての原子力発電所が停止したままの状態になることも考えられますので、自分たちで今まで使っていた電気に頼ることではなく、生活の知恵から生まれるものだったり電気ではないアイテムで寒さや暑さを乗り切れる方法を探しましょう。

Comments are closed.