段ボールのある生活はじめよう
段ボールのある生活はじめませんか

断熱材として

ダンボールは断熱材としても十分な働きをしてくれます。
本来の使用目的とは違いますし、本物の断熱材には遠く及びませんが、身の回りにあるものですぐにあたたまりたい、ということならば
とてもお手軽な手段といえるでしょう。

特に冬場はかなり冷え込むことが多いため、暖房器具などを使わないで暖まろうと考えるのなら、それなりの方法が必要となってきます。
最近では電気などを使わないで暖まる方法が注目されていますので、
ダンボールも有効に活用することができます。

ダンボールはすぐにたたんで、リサイクルなどに出してしまう人もいますが、いざというときには結構役にたつものです。
たたんでしまえばそれほど邪魔にはなりませんから、押入れの隙間などに入れて、いくつかストックしておくといいでしょう。

床が冷えるなと思ったら、ダンボールを敷いたりしてみるといいでしょう。
特に一階でフローリングのような部屋は、冬時期はかなり冷え込みます。
カーペットがついていない部分で、普段歩かないようなスペースはダンボールを敷き詰めるだけでもかなり違ってきますよ。

また、窓辺から入ってくる冷気もかなり厳しいものです。
ダンボールで下のほうに壁を作ってあげるといいでしょう。
結露するとダンボールがぬれてしまいますので、直接窓につかないようにしたり、他の結露防止グッズと併用するといいでしょう。

Comments are closed.