段ボールのある生活はじめよう
段ボールのある生活はじめませんか

明かり取りに段ボールを

いろんな物が作れ、強靱な威力を発揮する段ボールは、繊細な灯りを漏らすランプシェードも作れたりします。

完全に覆ってしまうと灯りは漏れませんので、灯り取りの小窓を設けるか、中芯のフルートの波形を利用して組み立てていきますが、クラフト色のおかげでしょうか、とても暖かな色味になります。中芯の断面を生かしたものは情緒があります。

もし可能ならば登場して欲しい物に、日本らしい欄間(ランマ)が出来ないかと思ったりします。欄間は通常、壁になっている部分に取り付けるもので、通気や採光などの目的で取り入れられますが、装飾のすばらしさは漏れてくる灯りの具合で感じることが出来ます。色が付いた光りの中だとさらに綺麗です。

洋風の家が増えた中、欄間は少なくなってしまいました。建て売り住宅だと横にポールを渡したような簡易的な物もありますが、あれにはあまり情緒が感じられません。松の木、波模様、庭園にある飾りなどをモチーフに、精巧に作られたものは見事です。くりぬかれた部分以外にも彫刻が施され、外国人にも人気です。

曲線も美しく演出できる段ボールの中芯でそれが実現すると良いですね。

なお、ランプシェードに挑戦する方は電球との距離を保って作られると良いようです。

Comments are closed.